暴飲暴食

先日、あるテレビ番組で摂食障害の患者さんについて放送されていました。

そこで、摂食障害を放置していると大変危険で死に至ることもある!ということを再認識したばかりです

また、摂食障害で治療している人の15人に一人は自殺をしてしまうという結果も出ているようです。

命は、自分でなくしては絶対にいけないもの!

摂食障害を患っている90%が女性で、10~20代に多いため、身近に摂食障害の人がいることは少ないかもしれません。

それでも、周囲の人たちの理解で改善することがあるので、関係ある方も関係ない方も一読し知識としてもっていてもらえれば幸いです。

< スポンサーリンク >

 摂食障害の大きな原因はストレス

拒食症も過食症も、原因は「ストレス」です。

具体的には・・・

  • 痩せている方がもてはやされる社会的要因
  • 痩せていることで自分の価値を見出そうとする心理的要因
  • 家族との接触が過少過多であったり、周囲からの批判を受けるなど家族環境
  • 遺伝的要因

これらがストレスを強くし摂食障害へとつながっていきます。

私は摂食障害の経験はありませんが、10代の時は痩せることに執着していました。

ただ、スポーツをして多忙な日々を送っていたのでそうならなかっただけで、もし何もしていなかったら摂食障害になっていたかもしれないと感じます。

そう考えると、摂食障害は身近なことであり、紙一重のところにいる子が多いのではないでしょうか。

⇒ 自律神経の乱れをチェック!交感神経優位型と副交感神経優位型の違いとは?

拒食症と過食症の違い

拒食症

極端に体重が減少する。

体重増加恐怖症とも言われていて、自分で決めたルールからずれることができない脅迫性パーソナリティー傾向が見られる。

過食症

極端な体重の減少はない。

うつ病や不安傾向にある。

拒食症と過食症は対立にあるように思われがちですが、実はこの二つはつながっているのです。

拒食症と過食症の症状には「食べて出す」という似ている流れがあって、過食症から拒食症に移行することもあります。

あるいは、拒食症から始まって後に過食症の症状が現れることがあるのです。

 

< スポンサーリンク >

摂食障害を治すカギは「不安解消」と「自信獲得」

ドクターチェック

拒食症

不安病とも言われているので、不安をなくすことが改善への大きなカギとなります。

不安が解消されただけで治ってしまうことがあるほどです。

過食症

対人関係がうまくいかないことによる自信喪失状態であることが多いので、過食という症状には手をつけずに、自信回復に焦点をあてます。

自信がつくことで改善していくのです。

摂食障害は、詳細は省きますが自分で治療するという選択肢もあります。

病院などで治療する場合の代表的な治療は、「対人関係療法」と「認知行動療法」が挙げられています。

現在の日本では摂食障害の専門医がいませんが、治療するにあたり何よりも重要なことは信頼関係

なので、病院などで治療する場合は、自分に合った人を選ぶことが不可欠です。

中には「気持ちが弱いからだ」と前向きな治療をしてくれない医師やカウンセラーがいるようですが、親身になって一緒に歩んでくれる人は必ずいますから、諦めずに自分に合う人を探してください!

摂食障害は、患者さんと治療する側との信頼関係が築けたら80%治っていると言われているほどですので、改善をめざすためにも「合う人探し」は必須です!

また、摂食障害の原因にあったように周囲から受ける影響も強く関係しています。

そのため、周囲の人も含め医師などに頼りっぱなしにせず、自分でも学び正しい知識を得ることも改善につながるのです。

⇒ うつ病を食事療法と充分な睡眠で改善!関係のある栄養とレシピを紹介!

回復した方からのアドバイス

「自分を苦しめるモノ・人・環境・情報にできるだけ近づかない」という自分を守る選択をする習慣を身につけ、そうすることで近づいても「自分を守れる考え方・捉え方」をできるようにし自分の身を守ることが大切。

それができないから苦しんでいるのに!という意見があると思いますが・・・

「コントロールできるところは自分を守る選択をする」という選択をすることが大切。

とのことです。

自分の身は自分で守る精神ですね!

まとめ

拒食症と過食症の主な原因はストレスであり、その2つに大きな違いはなく移行してしまうほど強くつながっています。

この摂食障害の治し方としては、信頼関係を築ける自分に合う人を探してできるだけ早い段階で治療を開始することが重要です。

ツライと思いますが「心の病気」だということを認め、手遅れになる前に対処する選択をして自分を守り、周わりの人も正しい知識を持ち接するようにしましょう!

 

< スポンサーリンク >

 

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

 

他にも、健康に関する色々な病気の予防法や身体に対する症状の改善策、最新の医療情報などを配信していますので合わせて読んでいただけると幸いです。

 


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

Twitterで【REMEDY】をフォローしよう!

その他の健康・医療記事