ウイルス

みなさん、ノロウイルスについてどの位知っていますか?

流行りの季節にはニュースで取り上げられるので、名前を聞くことはあると思います。

しかし、かかったことがない人にとっては何となくの知識ではないでしょうか?

実は私も自分が感染するまでよく知りませんでした。

感染してしまうと猛烈な下痢や嘔吐に悩まされ、体力のある人なら数日で回復するものの、小さな子供や妊娠中の女性、お年寄りなどにはかなりのダメージを与えるウイルスなんです。

また感染力が強く、身近な家族にうつす危険性も高いです。

自分だけでなく大切な人を守るためにも、

  • ノロウイルスが流行る季節
  • ノロウイルスの正しい予防方法

について調べてみたので、ぜひかかってしまう前に予防してくださいね。

< スポンサーリンク >

ノロウイルスが流行る季節

冬の季節

ノロウイルスはその7割が11月から2月に発生しています。

食中毒と言うと夏が多いイメージがありますが、なぜノロウイルスは冬なのか?と私も疑問に思っていました。

それは原因となることの多い生ガキを食べる機会が多いからのようです。

そこから二次感染となって、人から人へ爆発的に広まってしまうそうです。

怖いですね!

その上ノロウイルスは冬の低温によって、外界での生存力が更に延びるウイルスだと言うことです。

また乾燥による飛沫感染や接触感染のリスクも高まるので、冬場の流行は無理もなかったと言えますね。

 

< スポンサーリンク >

ノロウイルスの正しい予防方法

それではノロウイルスを正しく予防するにはどうしたら良いのでしょうか?

しっかり手洗いをする

何と言っても手に付いているノロウイルスを減らすために、手洗いが大切です。

とても丁寧に隅々まで洗うイメージです。

以下の正しい洗い方を参考にしてください。

★ノロウイルスやインフルエンザを防ぐ正しい手洗いの方法

食品、特に貝類(カキ、しじみ、あさり)は中心部まで十分加熱調理する。

牡蠣

生ガキは季節になると本当に美味しいものですが、ノロウイルスが付着しているかどうかはカキの新鮮さとは無関係だそうです!

子供やお年寄り、体調の悪い大人は避けた方が賢明ですね。

使用したまな板、包丁、布巾などの調理器は使用後すぐ洗い、熱湯による消毒が有効です。

私は生ガキを供していたレストランで、自分はカキを食べていないのに感染しました。

後から聞いたら、その時食事をした人全員が具合悪くなっていたので、調理器にノロウイルスが付着していたのかもしれません。

人からの二次感染を防ぐ

感染した人の便や嘔吐物から飛沫感染があります。

特に家族に感染者がいると家族全員が発症することになったりも。

防ぐためには感染者が触れたもの、特に共有するものについては徹底して消毒する必要があります。

消毒には熱湯消毒、あるいは次亜塩素酸ナトリウム(家庭用塩素系漂白剤 例;キッチンハイター)が用いられます。

ノロウイルスが乾燥してしまうと空気中に浮遊して二次感染を引き起こすとのことですから、素早く確実な処置が大切です。

外出先でも不衛生な場所には近寄らないなど、気をつけるに越したことはないですね。

まとめ

  • ノロウイルスが流行るのは冬
  • ノロウイルスを正しく防ぐには

手洗い、加熱食品を摂る、二次感染を避けるがポイントです。

きちんと処理されていなかったノロウイルスから空気感染だなんて、どうやって避けたらいいの?なんて気分になりますが、日頃免疫力を高めておくことも予防の一つと言えそうです。

冬はインフルエンザも猛威を振るう季節ですから、手洗いやうがいの徹底などは冬のよい自己防衛になりますね。

⇒ 新型ノロウィルス 予防を食べ物で!?ラクトフェリンヨーグルトが効果的!

 

< スポンサーリンク >

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

 

他にも、健康に関する色々な病気の予防法や改善策、最新の医療情報などを配信していますので読んでいただけると嬉しいです。

 


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

Twitterで【REMEDY】をフォローしよう!

その他の健康・医療記事