知らなかった女性

私はかつて「もしかして膀胱炎になりかけているのでは?」と疑った経験が何度かあります。

皆さんはいかがですか?

身体の構造上、女性はどうしても膀胱炎にかかりやすいそうですよね。

ただし、私たちはホルモンの働きで一月の間に月経などの体調の変化があり、不調の原因がはっきりしないこともあります。

そこで・・・

  • どういう症状が出たら膀胱炎と判断されるのか?
  • その原因は何なのか?
  • 膀胱炎が進行するとなってしまうと言われる腎盂炎(じんうえん)って何?
  • 膀胱炎の治療法は?

以上の点について一緒にみていきましょう!

< スポンサーリンク >

膀胱炎の症状

急いでいる女の子

以下が膀胱炎の症状です。

  • トイレに頻繁に行きたくなる。(1日10回以上。昼夜を問わず)
  • 排尿の際痛みがある。
  • 尿の色が、白っぽく濁っている。
  • 排尿が終わっても、まだ全部出し切れていない感じがする。
  • 尿に血が混じっている。

私も思い当たる症状がありました。

膀胱炎の原因

膀胱という尿がたまる袋状の器官に炎症を起こしたことが原因ですが、それにはいくつかの理由が考えられます。

  • 女性の尿道は短く、尿道口が膣や肛門と近いため雑菌が入りやすい。
  • 日常生活の中で、トイレを我慢してしまう。
  • ストレスや過労、冷え、また加齢などに伴って抵抗力が低下している。
  • ダイエットによる栄養不足。

あれ?どれも女性なら日常的に経験していることですよね!

 

< スポンサーリンク >

腎盂炎(じんうえん)って何?

腎盂とは腎臓の中心にあり、尿管までの架け橋をします。

この腎盂に細菌が入って炎症を起こす病気を腎盂炎と言います。

そして膀胱炎になると、尿路を通じてその細菌が腎盂へと逆流し、感染してしまうというわけです。

症状としては悪寒を伴う高熱、あばら骨の下辺り(腎臓部)に鈍い痛みがある、などです。

これは本当に辛そうですね。

慢性になる前にしっかり治したした方が良さそうです。

膀胱炎の治療

<膀胱炎を疑ったら基本的には病院に行って完治させる>

慢性になったら本当に辛そうです。

ただ、何科にいけば良いのか、迷いますよね?

かかりつけの内科がある場合はそこで相談するといいですが、なければ泌尿器専門のクリニックに行きます。

しかし女性は婦人科でもいいそうなので、定期健診などで馴染みのドクターに相談することもできますよ。

通常、問診と尿検査により膀胱炎と診断が出ると、抗菌薬(抗生物質)を処方されて終了です。

薬を服用すると、早ければ1〜2日で症状が治まり、4〜5日で治癒します。

<膀胱炎の初期の場合は、自然治癒することもある>

トイレが近くなったり排尿後に軽く痛みがある程度の場合は、水分多めにとって尿と共に細菌を早めに排出するよう心掛けます。

睡眠

また下腹部を温めたり、睡眠を十分にとり、免疫力が落ちな いようにします。

ただしその後も症状がひどくなっていく場合は、やはり早急に通院してください。

まとめ

  • 膀胱炎の症状は・・・

「頻尿、痛み、残尿感、尿の異常」など

  • 膀胱炎の原因は・・・

「尿道、尿道口の構造、トイレの我慢、抵抗力の低下、栄養不足」など

  • 膀胱炎の治療法は・・・

「内科、泌尿器科、婦人科へ通院」自己管理では「水分摂取、冷えとり、休養、栄養をとる」

と言うことになります。

こじらせてしまうと慢性化する恐れがあるので、早めにクリニックに行くことが何よりも良さそうですね。

⇒ 頻尿の原因とは?病院に行くなら泌尿器科?女性の悩みが病気の可能性も!

⇒ 男性の膀胱炎の症状と原因…自然治癒で治る?

 

< スポンサーリンク >

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

 

他にも、健康に関する色々な病気の予防法や改善策、最新の医療情報などを配信していますので読んでいただけると嬉しいです。

 


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

Twitterで【REMEDY】をフォローしよう!

その他の健康・医療記事