悩む女性

女性だったら1度は耳にした事のある子宮筋腫という言葉。

子宮筋腫とはどんな病気なのか、手術をするとしたらどんな手術を受けなければならないのか、費用は?仕事は?などなど、疑問や悩みは数えきれないと思います。

そんな疑問解決の手助けに少しでもなればいいなと思うので、是非参考にして頂けたら幸いです。

< スポンサーリンク >

 子宮筋腫とは?手術しなければならないレベルは?

子宮筋腫とは、子宮筋層内の平滑筋成分から発生し、女性ホルモン(エストロゲン)の働きによって発育する良性腫瘍の事を言います。

基本的に命には関わりませんが、婦人科の腫瘍の中では最も多く、30歳以上の女性で20~30%(成人女性の4人に1人)の発生頻度で、小さい筋腫まで含めると過半数の女性が持っているとされています。

一般的には、無症状で筋腫が小さいうちは無理に手術などはせずに経過をみます。ですが、筋腫が大きくなると経血量が増えたり生理痛が強くなったりなどの症状が出てきます。

そうなると不妊の原因となる可能性があるため、だいたいは筋腫がこぶし大程度の大きさになった段階で手術の必要性を判断しているみたいですね。

では次に筋腫に対してどんな手術をするのか、詳しく解説していきますね。

 子宮筋腫にはどんな手術をするの?何日?費用は?

手術内容

子宮筋腫の手術には3つあって・・・

  1. 子宮を全て取ってしまう子宮全摘出
  2. 大きくなった筋腫だけを取り除く筋腫核手術
  3. 身体にメスを入れずに子宮筋腫に栄養を与えている血管を薬で閉じる子宮動脈塞栓術と超音波の力で筋腫を小さくする集束超音波治療

があります。

将来出産を考えている場合や子宮温存を強く望む場合は筋腫のみを摘出する手術を選択しますが、手術創から出血しやすいといったリスクがあるのも事実です。

3つの手術方法のうちどの手術を受けるのか、どんな治療方法になるかによって入院期間や費用も大きく変わります。

点滴

わかりやすく例を挙げると・・・

①の開腹手術の子宮全摘出手術で7~14日間の入院、費用は20~25万円が相場

②筋腫核手術は3~10日間の入院で10~20万円

③メスを入れない悲観血的手術は日帰り~4日程度の入院で40~85万円

自分の加入している任意保険の内容によっても自己負担額が変わってくるので、自分の身体と相談しつつ担当医とじっくり決めていくべきでしょう。

 

< スポンサーリンク >

手術後どれくらいで仕事復帰できるか、通院は?

職場復帰は入院期間+約1~2週間と考えておくといいでしょう。

創部の回復具合にもよるので担当医としっかり相談するべきと言えます。

復帰後すぐに職場に戻ったとしても、言うまでもなく無理は禁物です。

身体を慣らす意味でも最初のうちは仕事内容を少し軽めにして貰うなど、配慮してくれる職場もありますから、手術が決まった時点で職場の上司に相談しておくといいですね。

通院は主治医の診断にも大きく左右されるかと思いますが、1ヶ月~3ヶ月に1度経過をみて、予後が良ければ1年に1度の健診で経過をみるようにしている場合が多いようです。

後遺症はある?術後の痛みについて

手術にも色々選択肢がある事を紹介してきましたが、その中でも開腹手術は切開創が大きいため傷も残りやすく治るのにも時間がかかるのがネックです。

女性としてはできるだけ傷が目立たない方が嬉しいので、主治医と綿密に相談して決めるといいでしょう。

手術後は出血や痛みが続く場合がありますが、応じて主治医が鎮痛剤などを処方してくれたり、時間の経過と共に症状も軽快してきますのでそこまで心配しなくても大丈夫です。

手術後なので傷口に負担をかけないような生活をするのは言うまでもないですけどね。

まとめ

  1. 子宮筋腫は怖い病気ではない!
  2. 子宮筋腫と診断された場合、今後どう子宮筋腫と付き合っていくかきちんと考えよう
  3. 今から子宮筋腫までカバーされているか自分の保険の見直しをしよう

女性にとって身体に傷をつける事は勇気のいる事ですよね。

私は鼠径ヘルニアで手術を受けた事がありますが、その時の主治医は「女性だから目立たないようにビキニラインで切るね」と配慮してくれたので、5年経過した今、傷はすっかり目立たなくなっていますよ。

また、職場でたまたま子宮をエコーで見て貰った時に2cmくらいの筋腫があると検査してくれた技師さんに言われました。

症状もないので今は筋腫を育てている状況ですが、経過をみて手術など検討したいと思っているところです。

自分だけじゃないと思うと、なんだか心強い感じがしますよね。

治療はどうであれ検査はしておいた方がいいですよ^^

 

< スポンサーリンク >

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

 

他にも、健康に関する色々な病気の予防法や改善策、最新の医療情報などを配信していますので読んでいただけると嬉しいです。

 


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

Twitterで【REMEDY】をフォローしよう!

その他の健康・医療記事