職場で困ってる

日中にいきなり、心臓がバクバク・ドキドキ・締め付けられるような息苦しさがでたなどの経験はありませんか?

それに加えめまいや胸の痛みなどに襲われ不安にかられる経験などありませんか?

こういった発作はパニック障害と診断されることが多く正直聞いた事はあるけど何かわかりませんよね?

今回はそういった発作が起こらない為にも仕事でのストレス・もしくは迷惑行為などの対処法をご紹介していきますのでご覧ください♪

< スポンサーリンク >

パニック障害の原因

脳内神経伝達物質(脳内ホルモン)のバランスが乱れる事による起こるそうです。

ノルアドレナリンという物質が発生し、不安や恐怖心、血圧や心拍数を増やしてしまうのがパニック障害です。

改善法

ストレスや疲労をためない・食事に気を付ける等があげられており、多少の発作等は呼吸法などをし冷静に対処する方法を知っているだけで、発作を抑える事ができるみたいです。

今回は仕事場での“ストレス”に注目して記載させて頂きます。

迷惑な同僚に困ってしまう

実際パニック咲華がについて理解できている方はほんのわずかだと思います。

何もしらない方は、怠け者扱いをする事・話を簡単に流してしまう・一般の人との比較・もっと頑張れ等、原因は障害であれど目に見えるものではないのでそういう言葉でパニック障害の方を余計にストレスを与えてしまったり、追い込んでしまうみたいです。

 

< スポンサーリンク >

対処法

カウンセラー

一番いいのは、理解をし配慮をしてくれる会社で働くのがベストですが、そんなにいい会社なんてないですよね。

なので自分の言葉で、しっかり上司(同僚)に詳しく説明をする事・働く場所の変更を提案(部署移動)などが対処法として挙げられます。

あとは、発作が治ったとしてもいきなり無理をせず少しずつ慣らすようにしていってください♪

無理は禁物です!

おまけ

実際パニック障害になった方が、仕事に対して失敗した際に今からご紹介する動画をみて楽になったと記載をみましたので載せておきます♪

まとめ

  1. パニック障害は、脳内ホルモンのバランスが原因である
  2. 同僚の対処法は、しっかりと現病状を説明し理解してもらう
  3. 発作が起きた場合、落ち着いて深呼吸をし、対処する

今回はパニック障害について記載していきましたが、実際症状がつよく改善できず悩んでいるのであれば、迷わず病院へ行き相談するようにしてくださいね♪

 

< スポンサーリンク >

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

 

他にも、健康に関する色々な病気の予防法や改善策、最新の医療情報などを配信していますので読んでいただけると嬉しいです。

 


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

Twitterで【REMEDY】をフォローしよう!

その他の健康・医療記事