切れ痔・痛い

排便時におしりを拭いて、トイレットペーパーに血がついていて、驚いた経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、便秘でようやく排便があったときに、痛みでなかなか便がだせなかったりしたこともある方もいらっしゃるのではないかと思います。

これらは、切れ痔の可能性があります。

今回は、切れ痔の治し方についてお伝えしたいと思います。

< スポンサーリンク >

切れ痔の原因

切れ痔は、肛門の皮膚が切れてしまう病気です。

原因で一番多いのは、便秘です。

便秘で硬い便を無理やり出そうとしているうちに、肛門の皮膚が切れてしまうのです。

また、下痢でも切れ痔になってしまいます。

下痢便に多く含まれている水分が、皮膚をただれさせてしまうのです。

痔と言えば、男性に多い病気を思われる方も多いのですが、意外と便秘が多い女性の方が多い病気なのです。

切れ痔の症状

トイレ

排便時の痛み、出血が主な症状です。

ときにかゆみが出ることもあります。

これは、切り傷の治りがけのころ、かさぶたがかゆくなるのと同じ症状なのです。

切れ痔も傷の治りかけのときにかゆみがあることがあります。

 

< スポンサーリンク >

切れ痔の治し方

肛門の皮膚が切れてしまうのですから、普通の切り傷と同じで、多くは放置しておいても治ります。

おしりが痛かった、拭いたトイレットペーパーにちょっと血がついていたけど、次はなんともなかったというのがこの状態です。

ところが、便秘や下痢のため、肛門の皮膚に負担がかかり続けていると、切れやすくなってしまいます。

このような状態になってしまうと、治すことを意識していかないと悪化していきます。

まずは、肛門周辺の皮膚の清潔にすることを心がけて下さい。

排便後には、トイレットペーパーで強く拭くことは止めて、ウォシュレット機能を使う、ベビー用のおしり拭きを使うことをおすすめします。

それでも、肛門周辺の痛みが引かない、排便時の出血が続く場合は、市販の痔治療用の軟膏をつけてみて下さい。

軽度の切れ痔であれば、このような手当てをすると治ってしまうことが多いです。

それでも、何度も切れ痔を繰り返す、痛みや出血がひどくなってくる場合は、切れ痔だと思っていても、大腸ガンやポリープなどの病気の場合もあるので、恥ずかしがらずに病院を受診して下さい。

慢性化すると…

慢性化すると、切れた部分の皮膚が分厚くなって、見張りいぼや肛門にポリープができてしまいます。

さらに、肛門括約筋が分厚くなってしまい、肛門狭窄を起こしてしまいます。

このような状態になると、痛みはかなり強いものになります。

ここまで悪化、重症化してしまうと、手術の必要性があります。

まとめ

痔の悩みは、人には相談しにくいものですが、意外を痔で悩んでいる方は多いです。

切れ痔は、軽度の場合は自然治癒することも多いです。

ところが、切れ痔を繰り返すうちに切れている部分が潰瘍化してしまい、肛門狭窄になってしまいます。

痛みや出血が強くなってきた場合は、我慢せずに早めに受診して下さい。

いぼ痔の治し方~おすすめの薬~それだけで本当に自然治癒できる?

痔ろうの初期症状と手術後の痛み…入院期間と治療費の目安

Pick UP! ボラギノールの種類とそれぞれの効果…効き目が出るまでの期間

 

< スポンサーリンク >

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

他にも、健康に関する色々な病気の予防法や身体に対する症状の改善策、最新の医療情報などを配信していますので合わせて読んでいただけると幸いです。

出典元:http://beautyanswers.jp*http://www.viderin.jp


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

Twitterで【REMEDY】をフォローしよう!

その他の健康・医療記事