ボラギノール

痔じゃないかしら・・?と自覚症状が出てきても、おしりの病気に関しては、恥ずかしさもあり、ものすごい痛みがある、出血があるなどといった状況でなければ、すぐには病院に行かれない方が多いのでは思います。

そんなときに、まず試してみるのが市販の治療薬ですね。

痔の治療薬といえば、CMでも印象的なボラギノールを思い出される方が多いのではないでしょうか?

このボラギノールには、3種類のタイプがあります。

それぞれに効果が違うので、ご自分に合ったタイプのものを選ぶことが大切です。

今回、このボラギノールの種類とその効果について、お伝えしたいと思います。

< スポンサーリンク >

3種類のボラギノール

ボラギノールには、注入軟膏・坐剤・軟膏の3つの種類があります。

さらに、坐剤・軟膏にはAとMの2つの種類があります。

このAシリーズとMシリーズの違いは、ステロイドを配合しているかいないかの違いです。

Aシリーズに入っているステロイドは、炎症を抑える働きがあります。

痔の炎症によって起こる痛み、出血、腫れ、かゆみに効果があります。

Mシリーズは、ステロイドは配合されていないので、痛み、かゆみに効果があります。

ボラギノールA注入軟膏

ボラギノールA注入軟膏

1回使い切りにできるチューブ型の小さい容器に入った軟膏です。

チューブ型の容器に入っているので、肛門内部も注入でき、指に取って、肛門外側に塗ることもできます。

肛門内部のいぼ痔、肛門付近のいぼ痔、きれ痔のどちらでも使用することができます。

使用は、注入・塗布の場合とも、痛みが出やすい排便後、肛門周辺が清潔になっている入浴後または就寝前が効果的です。

また、使用回数は、注入する場合は1日最大2回、塗布する場合は1日最大3回です。

ボラギノール坐剤

ボラギノール坐剤

Aタイプ、Mタイプの2種類があります。

坐剤なので、肛門内に挿入して使うので、肛門内部の痔(いぼ痔、きれ痔)に使用します。

肛門に挿入すると体温で溶けていき、効果を発します。

使用は、痛みが出やすい排便後、肛門周辺が清潔になっている入浴後または就寝前が効果的です。

使用回数は、1日最大2回です。

坐剤のとがっているほうから肛門内にしっかりと挿入します。

挿入直後は、肛門の違和感がありますが、坐剤が溶けていくとなくなっていきます。

また、下着に油のようなものが付着することがありますが、坐剤の油脂性基剤が溶けたものなので心配はありません。

ボラギノール軟膏

ボラギノール軟膏

Aタイプ、Mタイプの2種類があります。

肛門外側や肛門近くの部位の痔(いぼ痔、きれ痔)に直接指に取って塗るか、ガーゼなどにのばした状態で使います。

使用は、痛みが出やすい排便後、肛門周辺が清潔になっている入浴後または就寝前が効果的です。

使用回数は1日最大3回です。

効果の見極めの目安

症状に合わせて注入軟膏、坐剤、軟膏を選んで、使用して下さい。

坐剤や軟膏は比較的速攻性があるため、症状の軽い方は「すぐによくなった」と言われる方もいらっしゃいますが、効果や治り方には個人差があります。

使用回数の程度、1日8時間くらいは薬剤の効果が持続しています。

症状がつらくても、1日の使用回数以上は使用しないで下さい。

10日間ほど使用して、症状がよくならないときは、医療機関への受診をおすすめします。

いぼ痔の治し方~おすすめの薬~それだけで本当に自然治癒できる?

切れ痔の治し方!自然治癒できるが慢性化するのは危険?かゆみなどの症状も

まとめ

痔は我慢していても、よくなることはありません。

人には相談しにくい、病院にも行きづらいから・・と放置しておくのが一番よくないです。

まずは、ご自身の症状に合ったボラギノールなど市販薬を試してみて下さい。

それでもダメなら早めの受診をおすすめします。

関連痔ろうの初期症状と手術後の痛み…入院期間と治療費の目安

 

< スポンサーリンク >

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

他にも、健康に関する色々な病気の予防法や身体に対する症状の改善策、最新の医療情報などを配信していますので合わせて読んでいただけると幸いです。

出典元:http://www.borraginol.com*http://y-k-f-c.blog.so-net.ne.jp


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

Twitterで【REMEDY】をフォローしよう!

その他の健康・医療記事