ストレッチポール

春がやってきました!

気持ちはウキウキとしそうなものですが、お天気が悪い日が続いたら、肩こりが気になります。

さらに、先日庭の草むしりを仰せつかりやってみたら・・・翌日は腰痛が勃発。

憂鬱な春になりそうな予感です。

お隣には中学生のお子さんがいらして、春休みになった途端、何やらリズミカルな音楽に合わせて笑い声が聞こえてきます。

ちらりと見てみたら、長いボール状の枕のようなものに乗っかって揺れているようです(ストレッチポールのこと)。

目があって、お母さんが「あ、おはようございます!これ、腰痛にいいんですって!寝そべってバランスとると骨盤矯正できるんだって。」、さらに「最近ね、腰痛が酷いんだけど貴女は大丈夫?」と笑ってお話ししてくれました。

(悔しかったので)お話をもとに、ストレッチポールについて早速調べてみました!

< スポンサーリンク >

骨盤の重要性

骨盤l.矯正

骨盤とは、腸骨・仙腸関節・仙骨などで構成されているます。

他にもありますが、腰痛や肩こりにゆかりのある所を中心に見てみました。

骨盤が歪むと、肩こり・腰痛・股関節・足などに多大な影響を与えるようです。

骨盤矯正と腰痛の関係

骨盤矯正と、腰痛にはどんな関係があるのかなと思って調べてみると、あら大変!私の症状はぴったり一致しているみたい・・・(汗)

そこで、まずは骨盤と腰痛にはどんな関係があるのか、調べてみました。

他人事じゃないので力入ります!

まずは健康オタクのA子さんに聞きました。

こういう時何でも話せる友達がいて助かります。

A子さん曰く、「骨盤は腰痛と直結していてね、仙骨関節が関連していることも少なくないです。骨盤のゆがみは甘く見ていると、とんでもないことになりますよ。初期段階ならストレッチでも大丈夫ですが、負荷が掛り過ぎるとダメだから、気を付けてね」と。

さらにいくつかポイントを教えてくれました。

腰痛で、どのあたりを押したら一番気持良く感じるかを確認してみると、私の場合仙骨関節かもしれないと思い当たりました。

「なんじゃそれ?」ですが、骨盤は腸骨(比較的大きい間接でリボンのちょう結びみたいになっています)と仙骨(結び目ふう)と、仙腸関節(結び目の角ふう)で出来ています。

仙骨

人は上半身を支えるため、骨盤に力を分散させて立つことが出来ていると言っても過言ではないようです。図で見ると、背骨の終点が首と仙骨だとわかります。

仙骨はすごいですね、この重たい骨をここ一つで受けています!

では何故仙腸関節を押すと気持ちいいのか・・・それは、仙腸関節が歪みによって押されて痛いから腰痛が勃発擦る場合と、押すことで刺激して痛みが緩和する場合があるという結論に達しました。

仙腸関節は背中側ですから、腰を押すと気持ちいいというわけですね。

ぎっくり腰になったらやるべき対処法!原因を知り予防するのも大事!

 

< スポンサーリンク >

肩凝りと骨盤の関係

骨盤の歪みが肩こりとどのような関連があるのか、調べてみました。

肩こりの痛みは人それぞれで、痛みの質にも色々なパターンがあるようです。

しかし、どうやら原因は骨盤にあるような感じがします。

先ほどの仙骨や腸骨への背骨が突き当たっている状態を見るとちょっと思い当たることがあります。

よく観察してみると、背骨は緩やかなカーブを描いています。

このカーブ、意味がないはずはありません。

首のあたりはカーブが腰骨の設置店と同じで、胸のあたりで逆方向へのカーブがあります。

つまり、力のバランスを上手に逃がしている気がします。

首には肩が繋がっており、太い骨になって腕に繋がっています。

腕も重いので、肩の骨は複雑に横に張り出しているのにも合点がいきます。

この部分のバランスの取り具合で、腰骨と、肩の骨との接点である背骨を挟んで腰痛や肩こりが起こるというのは納得がいくお話です。

つまり、繋がっているところのバランスが壊れれば歪みが出て、痛みが出るというわけです。

魚の骨を想像してみるとわかるのですが、左右に大きく出ている骨が多いほど力のバランスが取れやすいそうです。

その反面、両者は常にバランスを崩しやすいので動くことでバランスを取り戻すため、適度な運動が要求されるので、魚はあの形になったのだとか。

魚は横になって水の抵抗を利用して動きますが、人間は縦になっている感じでしょうか。

人間も骨とのバランスが狂えば痛みや疲れに襲われます。

そんな時、寝たままの矯正が出来れば楽です!

頭から腰までバランスを取りながら幅15センチほどのポールが矯正を助けてくれるのですね。

肩凝りも頭痛も解消するのに、寝たままでいいなんて、嬉しすぎます。

肩こりを解消するストレッチ・マッサージと首を強くする運動法!

 

< スポンサーリンク >

ストレッチポールの上手な使い方

ストレッチポールの使い方

お隣さんに教えてもらいながらやってみることになりました!

何事も体験するのが私のモットーです!

色々な使い方があるそうですが、ストレッチポールを背中の中心に当てて、頭をポールの上部に乗せると、自然にお尻の骨のところへポールの最後の部分が当たるようになっています(長さは約98センチ)。

そこで両手を床に着けて(仰向けに寝た感じですが、背中にストレッチポールが挟まっている感じ)足は膝を軽く立てた感じにします。

足の裏を床に着けて膝を立てたら、そのまま両足交互に体重移動させてゆらゆら~と動かします。

これ、気持ちいいし楽です!

これを2セット程やって、終わったら、そのまま次のポーズへ移ります。

膝を曲げたまま、足の裏同士をくっつけて、ゆっくり両足を開いていきます。

何をするかというと、股関節を緩めて、寛骨臼(かんこつきゅう)を動かして鍛えます。

これ、すごく大事な運動で、寛骨臼は動かしてやらないと軟骨がすり減り、動きが悪くなるからです。

私、やってみたのですが、意外と両足がパカッと開きませんでした。

それは股関節の寛骨臼が固まっているからかもしれません。これはいけません。

数回繰り返すと、少しずつ開き始めますので、楽しいです!

ここで数回にとどめるのは、張り切ってやり過ぎると、かえって痛めてしまう場合もあるため、適度で留めておくべきだそうです。

ストレッチポールはストレッチボールより、場所を取らずに収納出来て便利です。

お値段は、ピンキリで、1,800円くらいから30,000円前後のものまであって、迷いますが、高いのは長い間使っていてもヘタレない(劣化しにくい)らしいので、6,000円くらい迄のものが妥当ではないでしょうか。

自宅で骨盤矯正する方法

自宅でやる骨盤矯正とは、答えを言ってしまうとフィットネスで骨盤矯正をするんですが、最近ではフィットネスクラブに足を運ばなくても、自宅でフィットネスを受けられるサービスがあることをご存知でしょうか?

それがオフライン・フィットネス動画アカデミー【フィット・リブ】です。

フィット・リブは人気インストラクターのエクササイズレッスン動画を、バラエティ豊富に配信するオンラインサービスです。

しかも、月々約700円からで、見放題&動き放題です。

今なら初回登録の場合、登録月はなんと無料になります。

続けられる運動習慣の第1歩になること間違いなしです。

フィット・リブの登録はコチラ

まとめ

股関節の寛骨臼は年齢とともに固まるので運動が必要で、100歳になっても歩けるかどうかは適度な運動が必要だと思いました。

使わないと軟骨のすり減りを止められないので、適度な運動が大事なのですね。

そしてストレッチポールの運動で腰痛や、肩こりを解消するのが意外と簡単で良く効くということが判りました(200万人が実績を得ているという報告があるようです)。

場所を取らずに収納できるから便利だし、何時でも使えるので助かります!

運動は気が焦って一気にやり切りたいものですが、まずは準備体操から、数日かけて行うことが事故を防ぎ、長く続けられるコツのようです。

【運動不足解消】自宅で習慣的にする朝&夜のストレッチが効果的!

スロージョギングから得られる7つの効果と正しいやり方

 

< スポンサーリンク >

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

他にも、健康に関する色々な病気の予防法や身体に対する症状の改善策、最新の医療情報などを配信していますので合わせて読んでいただけると幸いです。

出典元:https://stretchpole-navi.com


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

Twitterで【REMEDY】をフォローしよう!

その他の健康・医療記事