ダイエット

巷にはさまざまなダイエット方法が話題になります。

食事や運動にさまざまな工夫をして、ダイエット効果を出そうとしています。

しかし、多くはハードな運動だったり、食事制限があったりします。

それでは長続きしませんよね。

今回紹介するスロージョギングは、運動が苦手な方、今まで運動なんてしたことのない方でも気軽に始められるものです。

< スポンサーリンク >

スロージョギングから得られる7つの効果

スロージョギング

 

スロージョギングは、持久力に優れ、疲れにくい筋肉の「遅筋」だけを使うので、疲れを『感じることなく、長く走ることができます。

つまり疲れずに長く走れるので、脂肪がたくさん燃焼し体重や体脂肪が減っていくのです。

そして、以下の7つのメリットがあるといえます。

  1. インナーマッスル鍛えられる
  2. 心肺機能向上
  3. 筋持久力が高められる
  4. 血行促進
  5. 自律神経が整えられる
  6. 脳を活性化
  7. 脂肪燃焼量を高いレベルでキープ

しかもスロージョギングには、他にもメタボ改善効果、認知症予防効果もあると言われています。

メタボリックシンドロームとは?予防は食事と運動…今、若者が危ない!

正しいやり方

スロージョギング

スロージョギングは、そのまま「ゆっくりと走る」ものです。

ただゆっくりと走るだけでは、十分な効果が出ません。

スロージョギングの効果を得るための走り方があるのです。

  • 背筋をまっすぐ伸ばして、やや前かがみで!
  • 歩幅は小さくし、足を小刻みに動かすイメージで走りましょう。
  • 跳ねるように走らない
  • 走るペースはおしゃべりできるような速さで!
  • 1日30分を目標に!
  • 苦しくなったら、途中で歩いてもOK!

ATTENTION

姿勢はとても重要です。

前かがみになりすぎないように注意しましょう。

止まっても息切れがしないような速さです。

一度に30分走り続けてもいいですし、10分を3回でもOKです。

このことに注意して、スロージョギングに挑戦してみましょう!

とはいえ、ゆっくり走ることで姿勢を保ちやすい(フォームが崩れにくい)ので、実践する場合は少しだけ意識すれば良いでしょう!

 

< スポンサーリンク >

スロージョギングのダイエット成功談

ダイエット

このように書くと、「な~んだ簡単!」と思われるのではないでしょうか?

そして「そんな運動で本当に効果があるの?」と思われるかもしれませんね。

しかしスローペースだからといって、いきなり30分もジョギングできる方ばかりではありません。

少しずつ走る時間、距離を伸ばして、1か月ごとに2㎏ずつ体重を落とした方もいます。

半年で10kgのダイエットに成功し、運動が心地よくなり、運動習慣がついた方もいます。

また、体重以上に下半身が引き締まったと感じる方が多いです。

見た目としては、ウエストまわり・おしりと太ももの境目が引き締まって見えるようです。

30分のウォーキングが効果抜群!健康・老化防止・カロリー消費

まとめ

スロージョギングは、足腰への負荷も少なく、疲れを感じない運動なので、高齢者の方も気軽に取り組むことができるダイエット方法です。

スロージョギングでダイエット効果を得るために注意することは・・・

  • 姿勢
  • 歩幅
  • 走るペース

用具はいりません。

思い立ったらすぐできる運動です。

ダイエットを考えている方、今すぐにでも始めてみてはいかかですか?

コンビニ和菓子で低価格ダイエット!

【運動不足解消】自宅で習慣的にする朝&夜のストレッチが効果的!

 

< スポンサーリンク >

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

他にも、健康に関する色々な病気の予防法や身体に対する症状の改善策、最新の医療情報などを配信していますので合わせて読んでいただけると幸いです。


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

Twitterで【REMEDY】をフォローしよう!

その他の健康・医療記事