人参畑

私は子供の頃から、薬用ニンジン(高麗人参、田七人参を含む)を、お茶にして飲んでおりました。

体が弱い母や家族が飲んでおりましたので、一緒に飲むという習慣がついておりました。

20年以上も飲んでおりますと高麗人参茶にも効果の高いものとそうでないもの、また価格が高いわりに効果が感じられないもの、さらに価格が安いわりに効果が高く感じられるものなど様々なものがあることを知りました。

薬用ニンジンで最も人気が高く、一般的に知られているものに、「高麗人参茶」と、「田七人参茶」があります。

今回はこの二つの人参茶について、比較していきたいと思います。

< スポンサーリンク >

高麗人参と田七人参について

高麗人参も田七人参もルーツは同じであり「ウコギ科オタネニンジン」に属します。

人参はどれに属しているかにより効果効能が変わるため、どれに属しているかということが重要になるのです。

高麗人参も田七人参も畑に植えて3年から7年の歳月を経て、市場へと出荷されます。

高麗人参で最も有名なものは6年目に収穫した六年根と呼ばれるものであり、こちらの人参は収穫したあと同じ年数だけ畑を休ませないと次の人参が育ちません。

畑に栄養が蓄えられるのは同じ年月の6年を要して植えられるため、とても高価になっております。

田七人参はもともとは三七ニンジンと呼ばれる人参の種類なのですが、中国の広西省の田陽や田東で産出されたことから、参七の「七」と田陽の「田」と組み合わせて、田七という名前になったと言われています。

田七人参と高麗人参は同じウコギ科ですが、姿形(根の形や色等)が大きく異なります。

さらに最近の研究で田七人参は高麗人参よりサポニンの含有量が7倍近くも多く含まれているため、より少ない量で効果を発揮すると言われています。

人参を丸ごと使うことのリスク

田七人参も高麗人参も、蒸しあげてから干して製品化させてあります。

そのまま、または丸ごと使うとなると、適当な大きさに刻むなどの加工が必要となり味も泥臭く、効果的に利用できるかと言えば難しいようです。

一端真空パックを開けてしまうと、保存方法は切り分けて冷凍という方法をとります。

しかし冷凍しても劣化はありますし、味などが変わる可能性も出てきます。

出来るだけ早く使うことになるため、お酒(焼酎やブランデー)に漬けて飲用する方も多く、韓国や中国のお土産では、お酒の瓶に高麗ニンジンや田七人参が丸ごと入っているものも少なくありません。

しかしお酒のダメな方や高血圧の方は、お酒とともに服用するのはリスクがあると言われています。

更にお料理に使えと書いてあるものもありますが、味が独特でお料理にしたらお薬のような味になったりして、我が家では不評でした。

結局最後にはもったいないと思いながら、冷蔵庫で固まって捨ててしまうことも多かったように思います。

人参をお茶にすると楽で快適

お茶として加工されたものや、市販されているものを利用すれば、味も良くまろやかで習慣的、かつ効果的に取り入れることができるため、皆さんそちらに移行していきました。

人参はお茶として粉末にされたものもあり、さらにコラーゲンや色々なものをトッピングして、ご自身に合ったものを選べるようになり、効率的で合理的なものが需要に合った形になりました。

母や叔母はやや懐疑的で「本当にこれ、人参入っているの?なんか怪しいわ」と言っていましたが、粉末や顆粒になっているタイプの漢方薬を見せると、納得してくれるようになりました。

捨てていたもったいなさを考えれば、こちらのほうがずっと快適だと気が付いたのです。

しかしあまりに沢山の「人参茶」があり、どれを選んだらいいのかわからなくなりました。

中にはびっくりするほど高価なものもあるので慎重に選ばねばならず、購入場所で飲ませてもらったり通販で少量から購入したりするようになりました。

その結果私たちが一番体質的に良かったと思ったのが「高麗人参茶」と「田七人参茶」でした。

高麗人参茶と田七人参茶の成分

健康茶

高麗人参茶

高麗人参茶の成分には・・・

  • サポニン数種
  • 脂質成分
  • アミノ酸
  • 核酸
  • ペプチド
  • 炭水化物
  • ビタミン
  • 鉄分

などが含まれています。

高麗人参にはサポニン(ジンセノイド)が多く含まれておりますが、この成分により疲労回復やがん予防など、他の追従を許さないほどの効果を発揮すると言われてきました。

お茶に加工されても、その成分が無くなることはないそうです。

田七人参茶

田七人参茶の成分には・・・

  • サポニン数種
  • 田七ケトン
  • 有機ゲルマニウム
  • フラボン配糖体
  • アルギニン
  • ステロール
  • 鉄分

などが含まれています。

それぞれに特有の効果が期待できるような成分が入っていますが、近年になって「田七人参」の成分を調べ高麗人参と比較してみると、田七人参の成分が高麗人参をはるかに上回るものが多く発見されて、注目度が高くなっております。

しかし、需要が伸びたことにより収穫が少ない田七人参の需要と供給のバランスが悪く、値段がどんどん跳ね上がるため、一般の方々は気軽に手が出ないものでした。

ところが、ごく最近、国内での生産ではないですが、田七人参を無農薬で栽培することに成功した、白井田七により、気軽に購入することが出来るようになりました。

無農薬により、成分には農薬効果が反映せず、安心で安全な田七人参に期待がかかります。

 

< スポンサーリンク >

高麗人参茶と、田七人参茶の効果・効能

お茶

両者とも効果・効能は似たようなものだと言われていますが、田七人参茶には、高麗人参茶より、副作用が少なく、扱いやすい面が多々あると聞きます。

果たして本当のところはどうなのか、効果効能を比較していきます。

高麗人参茶の効果・効能

もともとの高麗人参は味は若干の苦みを感じる甘味が特徴で、体温をあげるものも含まれ五臓六腑で言えば脾と肺経に効果が高まると言われ、効能は「大補元気」と表示があり、これは中医学では「気を一気に補充することができる優れものだよ」と教えております。

漢方の世界では「補気薬」の部類に属し、元気のない人=虚弱体質(氣不足)には効果が高いと言われております。

呼吸器・消化器系・神経系統にはとても良く効くため、抗がん剤を使っている方などもお茶ならお薬効果を邪魔することなく体を強くしてくれるようです。

この効果をお茶に反映させているので、効果効能は変化は少ないようです。

これに各社色々な味を足して、飲みやすく工夫しているようです。

さらに、安神益智とありますので、精神的な疲れにも効果が高いと考えられます。

強壮強心ともありますから、心臓の弱い方にもお使いいただけるようです。

効果を高めるために…

高麗人参を服用する時には、大根をお食べにならないほうが良いと言われております。

何故なら大根が高麗人参成分を吸収して、外へ排出する効果を持っているのだそうです。

中国の有名な本にはその記載が沢山出てきます。

となると、高麗人参茶にもその効果は受け継がれている可能性が高いため、大根の御料理は少なめにしておくと、効果が高まるということです。

また鶏肉を食べて高麗人参を飲むと、効果が倍増するとも記載がありました。

お茶も同じ効果があるため、鶏肉を食べてお茶を飲めば効果倍増を狙えそうです。

高麗人参茶のなかには、高血圧の方はご遠慮くださいというものも、ありますのでお買い求めになったお茶の裏書などをしっかり見て、ご購入されればと思います。

それにしても元気が出て心臓にも良く消化器系を潤し精神面でもサポートしてくれるお茶があれば、心強いと感じます。

田七人参茶の効果・効能

田七人参は味は若干苦みを伴う甘めの味で、体を若干温める効果を持っております。

活性酸素を除去する効果が高いと言われ、アンチエイジング効果が期待されています。

高麗人参より歴史が浅いにもかかわらず、効果は高く評価されております。

例えば、肝臓病にとても効果が高いことが昨今の研究で判明し、注目を集めております。

田七人参はC型肝炎に効果が高いことが1995年東洋医学会の発表で証明されてからは、肝臓機能に関しての研究が盛んになりました。

またインターフェロンとの比較も行われた結果、副作用が極めて少ないことが判明し、今となっては高麗人参をしのぐ「副作用の最小」をたたき出しております。

さらに肝機能の免疫力を高めるので、肝炎のウィルスを無毒化することができるようです。

また、糖尿病の活性酸素も除去効果が高いと言われています。

血糖値を下げる食べ物一覧…飲み物ではお茶が圧倒的にオススメ!

田七人参茶には、沢山の効果効能が含まれているということです。

当サイトでは【白井田七。茶】という田七人参から作られるお茶をオススメしています。

【白井田七。茶】効果と成分~口コミと評判~

まとめ

さて、両者の比較をまとめてみましょう。

高麗人参茶の効果効能には・・・

  1. 虚弱体質の方に、元気が出る効果効能を持っている
  2. 肺・脾に高い効果効能を感じる
  3. 呼吸器系、消化器系に効果効能が高い
  4. 心臓にもよく、精神面でもサポートする効果効能がある

田七人参茶の効果効能には・・・

  1. 体を温め、アンチエイジング効果効能がある
  2. 肝機能に特別な効果効能があり、血液に関する効果効能が沢山ある
  3. 副作用全般が高麗人参に比べて少なく、成分的にも効果の持続が期待できる

私の母は心臓が弱かったため、すぐに疲れ肺炎を起こしたりするので「高麗人参」はいつもそばにありました。

お茶にしてからは、封を開けて一人でお湯を注ぎ飲んでいましたが、美味しいと申しておりました。

漢方の世界では「美味しいは効果がある」といい、美味しいと感じるものは体に良い影響を与えると言われています。

皆様が人参茶で、快適な暮らしを営まれますように願っております。

【関連記事】

血糖値が高いなら「白井田七。茶」を習慣化して下げる

花粉症対策~短期と長期(飲み物:お茶)で症状を改善・克服~

 

< スポンサーリンク >

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

他にも、健康に関する色々な病気の予防法や身体に対する症状の改善策、最新の医療情報などを配信していますので合わせて読んでいただけると幸いです。

出典元:


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

Twitterで【REMEDY】をフォローしよう!

その他の健康・医療記事