野菜

糖尿病の方は、食事のたびに血糖値の上昇が気になってしまいますね。

おいしいもの、好きなものを好きなだけ食べたいところですが、それでは血糖値のコントロールがつかず、血糖値の管理ができません。

同じ種類の食べ物・飲み物でも、ちょっとした食べ方の工夫や食材の選び方で、血糖値の症状を抑えられることが分かってきました。

ぜひ糖尿病の方の食生活の参考にしていただきたいです。

< スポンサーリンク >

血糖値を抑える食材一覧

食べ物

どんな食べ物でも食べれば必ず血糖値が上がります。

次にあげる食材は、血糖値が上がりにくいものです。

決してこれを食べれば、血糖値が下がるというものではありません。

玉ねぎ

玉ねぎに含まれるイソアリインという物質がインスリンの働きをよくしてくれます。

効果的に摂取するには、水にさらさないようにして下さい。

有効成分が水に溶けてしまいます。

キノコ類

食物繊維が多いので、糖の消化吸収を抑える働きがあります。

アボカド

インスリンの働きをよくするカリウムを多く含みます。

また、果物の中では一番糖質が少ないので、血糖値が上昇しにくいです。

ブロッコリー

血糖上昇を抑えるさまざまな物質を多く含む優秀な野菜です。

血糖値上昇を抑えるだけではなく、血液をサラサラにする働きもあるのです。

オクラ

ぬめりの主成分、ペクチン・ムチン・ガラクタンが糖の吸収を抑制し、血糖値を下げる働きがあります。

 

そのほかにも【キャベツ・こんにゃく】などが血糖値の上昇を抑える働きのある食材です。

毎食どれかを積極的に摂りたいものですね!

飲み物

コンビニ ドリンク

血糖値を下げるだけではなく、いろんな働きのある特定保健用食品がコンビニなどで販売されています。

それらのトクホ食品を利用するもの一つの手です。

しかし、そのようなものだけではなく、普段何気なく飲んでいるものの中にも血糖値を下げ

る働きのあるものがあるのです。

コーヒー

ポリフェノールの一種のクロロゲン酢酸に糖の代謝を助け、血糖値の上昇を抑える効果があります。

緑茶

豊富に含まれるカテキンに消化酵素の働きを抑える効果があり、血糖値の上昇を防ぎます。

肥満予防にも効果があると言われています。

ちなみに「お茶を飲む」というのは日本人にとって習慣化されていますので、飲まないといけないという強制的な考えは払拭されますので、簡単に摂ることができます。

ちなみに当サイトでは「白井田七。茶」という健康茶をオススメしています。

「白井田七。茶」効果・効能と成分

玄米茶

オリザノール・ギャバ・カテキンが含まれています。

これらには、血糖値を下げる・悪玉コレステロールの減少・動脈硬化予防などさまざまな健康効果があります。

その他にも【ヤーコン茶・プーアール茶】にも血糖値を下げる働きがあると言われています。

 

< スポンサーリンク >

血糖値の上昇を抑える工夫

食事

食べる順番は野菜から

同じ物を食べるのだから、胃袋に入ってしまえば一緒、食べる順なんて関係ないでしょ・・・そう思うのは当たり前だと思います。

ところが、この食べる順で血糖値の上昇の仕方がずいぶん違ってくるのです。

まずは、野菜から食べて下さい!

野菜から食べることで、血糖値の急上昇を抑えることができるのです。

決してメニューの中の野菜を食べきってから、次の食材に手をつけなければならないのではありません。

まずは数口でいいので、野菜を口にする・・・同じ献立でも、これだけで血糖値の上昇カーブが緩やかになるのです。

まとめ

血糖値を下げる働きのある食べ物・飲み物についての知識を深めていただけましたか?

どうせ食べるのであれば、血糖値を上げにくい食べ物、飲み物を選びたいですね。

しかし、ここで紹介したものを食べたり飲んだりしているから、血糖値は上がらないというわけではありません。

毎日の食事の中でうまく摂り入れて、血糖値の上昇を抑えられるようにできたらいいですね!

【糖尿病】食事療法の注意点とポイント

【糖尿病】食事の献立~簡単なレシピ10選

 

< スポンサーリンク >

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

他にも、健康に関する色々な病気の予防法や身体に対する症状の改善策、最新の医療情報などを配信していますので合わせて読んでいただけると幸いです。

出典元:http://xn--vek601hk4gikl47nekera465l.net


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

Twitterで【REMEDY】をフォローしよう!

その他の健康・医療記事