食事

毎日少しずつ暖かくなってきて、春を感じるようになってきましたね。

運動したり、出かけたりしたいなぁと思う季節になってきました。

活動した分、おいしくなるのが食事です。

こんなとき、糖尿病の食事療法をされている方が、食べ過ぎることなく、食事を楽しめるコツをお伝えしたいと思います。

< スポンサーリンク >

食事療法の基本となるもの

糖尿病とは、体内のインスリンの作用が十分でないために、私たちの生命維持に必要なエネルギー源となるはずのブドウ糖が消費されず、血糖値が高くなっている状態が続いていることです。

高血糖状態を防ぐには、食べる量を調整して、栄養バランスがとれていて、過不足することのないエネルギー量にすることが大切なのです。

そのためには、食品交換表を使って、食事メニュー・食事量を考えていくことになります。

食事量を知る

まずは、自分の1日の必要なエネルギー量を知り、余分なエネルギー量を取らないようにしなければなりません。

1日の必要なエネルギー量は、年齢、性別、身長、体重、仕事などによる活動量を基にして、医師が総合的に判断します。

そこで、1日のエネルギー量が決まってきます。

例えば、1日のエネルギー量が、1600kcalとなった場合で考えてみましょう。

でも、どれくらいの量が1600kcalなのか見当がつきにくいと思います。

そこで、利用されるのが食品交換表なのです。

食品交換表

食品交換表では、1単位が80kcalをひとつの基準としています。

食品交換表

1600kcalの場合、20単位分の食品が食べられることになります。

その20単位分の量を、食品交換表を使って、バランスよく食事がとれるようにしていくわけです。

食事の食べ方のポイント

食事量を知ることができたら、今度は食べるときの注意点を考えてみましょう。

血糖値は、食事を摂ることによって上昇します。

そして、脳の視床下部になる満腹中枢が感知して、実際に満腹感を感じるまでには20分ほどかかります。

つまり、早食いをしてしまうと、適量を食べても満腹感を感じることができず、食べ過ぎにつながってしまいます。

よく噛んで、ゆっくりと食べることが大切なのです。

営業職のサラリーマンの方など、食事時間が不規則になりがちな方もいらっしゃいますね。

時間がないから・・と昼食抜きになってしまったり、食事を抜いた分、まとめて食べてしまったりってことがあるのではないでしょうか?

これは、インスリンを分泌する膵臓に大きな負担となってしまいます。

空腹時間が長く続くと、体が次の空腹に備えて栄養を蓄えようとしてしまい、皮下脂肪もたまりやすくなります。

1日3食をきちんと摂ることも大切なことです。

また、同じ食事でも食べる順番によって、血糖値の上昇スピードが変わることがわかっています。

野菜・海藻・きのこ類→肉または魚→ごはん・パン

の順に食べると、結果的に血糖値の上昇が抑えられるそうです。

まとめ

糖尿病の食事療法は・・・

  • 1日の摂取カロリーを知る
  • よく噛んで、ゆっくりと食べる
  • 1日3食きちんと摂る
  • 食べる順番は、野菜・海藻・きのこ類→肉または魚→ごはん・パン にする

このことに注意するだけでも、血糖値のコントロールに大きな違いがでてきます。

小さな工夫を毎日継続していくこと、これが糖尿病とのおつきあいのポイントだとおもいます。

ぜひ試してみて下さい。

スクワットの健康効果~うつ・認知症・関節痛・高血圧・糖尿病の予防~

【糖尿病】食事の献立~簡単なレシピ10選

 

< スポンサーリンク >

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

他にも、健康に関する色々な病気の予防法や身体に対する症状の改善策、最新の医療情報などを配信していますので合わせて読んでいただけると幸いです。

出典元:http://www.糖尿病の初期症状と食事.net*http://www.sakuragi-clinic.net


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

Twitterで【REMEDY】をフォローしよう!

その他の健康・医療記事