発達障害
by birdy_photography

発達障害は、最近よくメディアでも取り上げられるようになり、一般でも知られるようになりました。

発達障害と言っても症状は様々で、いくつかの分類に分けられたり、知的障害や精神障害を合併していることもあります。

原因は先天性の脳機能障害と言われており、しつけや育て方、環境などが問題ではありません。

親は自分の責任なのではないかと思い、悩んでしまうこともありますが、決してそうではないので、自分を責める必要はないのです。

では、発達障害をどのように見分けられるのか、今回は特徴である顔つきや動きについて調べていきましょう。

< スポンサーリンク >

発達障害の特徴

顔つき

発達障害

目が合わない・離れている

人と目が合うと恐怖や不安から、目をそらしてしまい話ができなくなります。

笑顔が不自然

顔の筋肉のコントロールがうまくできないので、怒ったような表情になったり、逆に不自然なほどずっとニコニコしていたりします。

童顔で目鼻立ちがハッキリ

不細工な人はいないと言い切れるほど、発達障害の人は小さいころから可愛いと言われ、美男美女が多いと言われています。

また、色白で肌がきれいな人が多いようです。

動き

発達障害

体のバランスが悪い

良い姿勢を保つのが難しいので、何もないところで転んだり、ぶつかったりします。

手先が不器用

箸やはさみを使ったり、靴ひもを結ぶ、服をたたむ、物を包むなどが苦手で、自分では丁寧にしたつもりでも、周りからは理解してもらえなかったりいます。

注意散漫

勉強や遊びに極端に集中できずじっとしていられませんが、自分の関心のあることや、興味を持ったことに対しては異常なほど執着することもあります。

また、忘れ物が多い、活動の計画が立てられない、急な予定変更が苦手で、明確な指示がないと上手く対応できません。

衝動的

順番を待てない、話に割って入る、ひどくなると他人を妨害してしまうこともあります。

乳幼児の場合、偏食がひどかったり、言葉の発達・歩行が遅い、人見知りがない、泣き叫んだりしてパニックをおこす、多動などの特徴もあります。

 

< スポンサーリンク >

大人の発達障害

大人の発達障害とは、子供の頃には気づかれず、大人になって診断されるものです。

発達障害は先天性の脳機能障害と言われており、生まれつきの障害なので、大人になって初めて発症するものではありません。

でも、大人になるまで気づかなかったからといって、もう遅いとか、周りのせいだと焦る必要はありません。

大人の発達障害は、仕事の姿勢ややり方に特徴が表れやすいので、早めに気づいて適切な支援や周囲からの理解を得られれば、改善することができます。

特徴

大人 発達障害

覚えられない

何度言われても、仕事の段取りを覚えられず、自分流になってしまいます。

融通がきかず、2つ以上のことができません。

忘れ物が多く、物をよくなくします。

一生懸命やっているつもりなのに、段取りが悪く仕事がなかなか終わらないため、周囲からはやる気がないように見られ、「ミスが多い人」、「言うことを聞かない人」というレッテルを張られがちです。

コミュニケーションが苦手

電話や接客の時など、頭ではわかっているのに、言葉が出てこず、臨機応変に応答できないのです。

そうすると、人と接したり電話に出ることに、異様なほどの恐怖や不安を覚えるようになってしまいます。

また、書くこと、読むことも人よりスピードが遅い場合が多く、メールで次々と情報が入ってくると処理しきれなくなってしまい、パニックを起こしてしまうことさえあります。

計算ができない

足し、引き、掛け、割りなどの簡単な計算ができず、ケアレスミスが多かったり、比率や割合なども苦手で、分かったような生返事をしても、指示された通りにできていない場合が多くなってしまいます。

落ち着きがない・整理整頓が苦手

よく貧乏ゆすりをしていたり、落ち着きがなくいつもソワソワしていています。

集中力がなく、感情の起伏も激しく、キレやすく、同僚や上司とよくもめてしまいます。

整理整頓も苦手で、片づけが出来ず、机の上が散らかりがちだったり、カバンの中もぐちゃぐちゃです。

空気が読めない

大人 発達障害

場の雰囲気や、人の顔色、相手の気持ちが読めず思ったことを何でも言ってしまいます。思い付きでしゃべるので、つい相手を怒らせてしまいます。

協調性がなく、自分のやり方に固執してしまいます。

いつもと違う手順や方法を嫌い、今までとやり方が変わるとうまく対応できず、周りに合わせることができません。

 

大人の発達障害は、変わった人とか、付き合いにくい人と思われるだけで見過ごされがちですが、本人の自覚と周りの理解とで改善していけます。

特徴を正しく理解してサポートを受けられるようにしていきましょう。

まとめ

発達障害の特徴

  1. 目が合わない・笑顔が不自然・童顔で美形な顔つき
  2. 体のバランスが悪く、手先が不器用
  3. 注意散漫で衝動的

大人の発達障害

  1. 大人の発達障害といっても、発症自体は子供の頃
  2. 子供時代には気づけなかった発達障害は、仕事の節々に症状が出やすい

発達障害の顔つきと動きの特徴について考えました。

決して家族や周りの責任ではないので、自分を責めないで、早く気付いて生活しやすい環境を整えるようにしていきましょう。

発達障害には様々なタイプ・症状があり人それぞれなので、当てはまるものがあれば、ぜひ専門の医者やサポート体制に相談してください。

 

< スポンサーリンク >

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

他にも、健康に関する色々な病気の予防法や身体に対する症状の改善策、最新の医療情報などを配信していますので合わせて読んでいただけると幸いです。


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

Twitterで【REMEDY】をフォローしよう!

その他の健康・医療記事