貧乏ゆすり

妊娠中の皆さん、妊娠中は体の変化が多く、その中でも「足のむくみ」はかなり悩ましいものではありませんか?

特に臨月に入るとほとんどの妊婦さんが悩まされると言います。

実は現在私の妹が妊娠中で、むくみについてよく聞かされるので、これを機会に調べてみました。

解消法の中には手軽にできる「ツボ押し」や、最近噂の「貧乏ゆすり」があったのでご紹介します!

 

< スポンサーリンク >

妊娠中のむくみの原因

足のむくみ

妊娠中は赤ちゃんに栄養を行き渡らせるために血液やその中の水分量が増加します。

血液は水分が多い方がさらさらの状態になって赤ちゃんに栄養が届きやすくなるからです。

しかしそのせいで妊婦の体はむくみやすい体質になっていると言えます。

また胎児が成長して子宮が大きくなってくると、足の付け根の血管やリンパ節を圧迫して足がむくみやすくなります。

冷え性や運動不足、高齢出産による血流や内臓機能の低下、また食事の塩分過多によるナトリウム過剰もむくみを助長します。

むくみの解消法ーツボ押しー

足裏 ツボ押し

足のむくみにはツボ押しが効果的です。

強く押すほど効果が出るという訳ではありませんので、痛みと気持ちよさの中間程度の力で押し、また妊娠初期でつわりや体調が不安定な時は避けた方が賢明です。

オススメなのは入浴後に血行がよくなっている時間帯です。

自分でマッサージを行う時はお腹を圧迫しないように気をつけましょう。

パートナーや家族にお願いするもいいですね。

次に足のむくみに効果的な2つのツボをご紹介します。

三陰交(さんいんこう)

三陰交

三陰交と呼ばれるツボは、むくみ以外にも冷えや生理痛、食欲不振やなどにも効果があるといわれ、ここを刺激することで血行をよくします。

場所は内側のくるぶしの頂点から上に指4本分上がったところです。

両手の親指をツボの上に重ねて押します。

約3分~5分間、片足ずつ交互に押してください。

足三里(あしさんり)

足三里

足三里は足の疲れを取り下半身のむくみを解消する効果があります。

また胃腸の不快感にも効果的なので、つわりのある人にもお薦めです。

ひざの皿の下、外側にくぼみがあり、そこから指4本分下がったところが足三里です。

約3分~5分、片足ずつ交互に優しく押してください。

足三里を押しながら足首を外側、内側へ交互に回すともっと効果的です。

むくみの解消法ー貧乏ゆすりー

足のむくみとは、じっとしていることで重力により体内の水分や老廃物、悪い血液がふくらはぎ周辺に溜まってしまうことで起こります。

そこで貧乏ゆすりをすることは、筋肉に血管やリンパ管の圧迫・開放の伸縮運動をさせ、溜まったものを心臓に押し戻してくれるポンプ機能を働かせてむくみの解消をするのに効果的なんです。

貧乏ゆすりのやり方

ところで貧乏ゆすりを知ってはいても、お行儀悪いことと教えられてきた特に女性は、いざやってみようとすると「あれ、どうやるの?」と上手くできないかもしれません。

そこで基本的なやり方を説明します。

  1. 足裏を床に付け、膝が90度の角度になるようにイスに座り、背筋を伸ばす。
  2. つま先を床から離さないようにして、かかとだけを上げて小刻みに上下にゆする。

私も最初は片足しかできなかったんですが、しばらく練習したらできました!

まとめ

  • 妊娠中のむくみの原因は、赤ちゃんに栄養を行き渡らせるために血液中の水分量が増加することによる。
  • むくみの解消法ーツボ押しは「三陰交」と「足三里」がある。
  • むくみの解消法ー貧乏ゆすりは体内の水分や老廃物、悪い血液を心臓に押しもどす働きをして効果的である。

 

妊娠中はホルモンの影響で普段にも増して敏感になる言います。

赤ちゃんを育む為に体にいろいろな変化がある中で、むくみも気になってしまうかと思いますが、出産後は自然に戻ることがほとんどだそうですよ。

むくみ解消の簡単な方法を紹介しましたが、お腹が大きくなってからは自分の足をマッサージするのもひと苦労ですよね。

そこでパートナーに手伝ってもらいつつ、一緒に触れ合いを楽しめるリラックス時間が持てると素敵ですね!

 

【あわせて読んでいただきたい健康情報】

貧乏ゆすりはなぜ健康に良いのか?カロリー消費や脚痩せにも効果あり?

ストレス解消法ー女性版~厳選5選~

 

< スポンサーリンク >

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

他にも、健康に関する色々な病気の予防法や身体に対する症状の改善策、最新の医療情報などを配信していますので合わせて読んでいただけると幸いです。

 


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

Twitterで【REMEDY】をフォローしよう!

その他の健康・医療記事