しゃっくり

人前だと恥ずかしいから無いに越したことないもの「しゃっくり!」

みなさんこんにちは、緊張した時によくしゃっくりが出てしまう私です。

・・・いや、誰だよ(笑)

あんな変な音はどこから、そして一体何のために起きるのでしょうか?

皆さんと一緒に勉強していきたいと思います!

< スポンサーリンク >

そもそもしゃっくりってなんなの!?

しゃっくりを知らない人はいないけど、しゃっくりってなんなのでしょう?

横隔膜の痙攣って聞いたことあるけれど…

原因を調べてみました。

1.中枢性しゃっくり

脳や脊髄の神経など体にとって大切な神経が集まった場所である中枢神経が刺激されることによって起きるしゃっくりで、脳腫瘍に脳卒中やアルコール中毒など病気の症状として起きるそうです。

2.末梢性しゃっくり

中枢神経から伸びている筋肉にくっついた細かい神経線維である末梢神経が刺激されることによって起こるしゃっくりで、肺炎や気管支喘息などが原因で引き起こされると言われています。

3.横隔膜刺激によるしゃっくり

胸とお腹の間にある膜状の厚みのある筋肉の横隔膜が早食いや一気飲み・大笑いをした時に刺激されることによって起こるしゃっくりで、俗にいう一般的なしゃっくりのこと。

しゃっくりは3種類もあったのですね!

しゃっくりが2日以上続く原因とは?!

しゃっくりが2日以上続くとき、それは高い確率で思いがけない病気の可能性かもしれません…。

そもそもしゃっくりは、あかちゃんがミルクやごはんを喉につまらせてもすぐに吐き出せるようにした名残です。

なので、大人にあると必要ないのですぐに治まるはずなのですが、しゃっくりが止まらない場合感染症が原因だったり、食道に病気の原因があったり、なかには心の病気が原因の場合があるのです!

そんなときはどうすればいいのでしょうか?

もちろん病院に行ってみてください!

鼻で笑う先生が居たらいい先生ではないと思います。

余談ですが、ペースメーカーを入れている人がしゃっくりになったら2日経っていなくてもすぐに病院に行ってくださいね!

しゃっくりは簡単に止まる場合もあります。

⇒ しゃっくりの簡単な止め方は指を耳に…?他のしゃっくりの止め方も紹介!

 

< スポンサーリンク >

しゃっくりが止まらない時はどの診療科目がいいの?

しゃっくりが止まらない時には病院の受診をおすすめしましたが、どの診療科目に行けばいいのでしょうか?

主に、内科・耳鼻咽頭科・消化器科・呼吸器内科・脳外科です。

なんとなく、内科は関係してそうだけど、脳外科?!って思いますよね…

2日以上続いたしゃっくりを「難治性吃逆なんちせいきつぎゃく)」と言いますが、実はしゃっくりは食事や会話・睡眠などの動作が制限され体力を消耗させるので、思っている以上に恐ろしいです。

アメリカでは、しゃっくり騒音であるとして、離婚に至ったことがあるようです。

また、持続期間のギネス記録保持者は、米・アイオワ州アンソンのチャールズ・オズボーンさんで、しゃっくりが、1.5秒ごとに70年近くも続いたそうです。

ものすごく疲れそうですよね・・・。

長く続くしゃっくりは、脳出血や脳梗塞・脊髄空洞症・多発性硬化症・頚部の腫瘍・食道や胃腸の障害・尿毒症・アルコール中毒などが原因であることが多く、しゃっくりの持続期間は重大な病気の一つの指標であるといえます。

しゃっくりが長く続いた時の検査について

しゃっくりが続いた時に、血清電解質・BUNおよびクレアチニン・胸部X線・心電図をはじめとする検査を行います。

また、診断された病気にもよりますが、原因が明らかな場合はその病気に合った治療を行います。

不明な場合は、眼球や頚動脈の圧迫・胃チューブの挿入・炭酸ガスの吸入・咽頭部へのリドカイン、スプレーの噴霧・さらに種々の薬物(鎮痙薬、向精神薬、抗てんかん薬)の投与などが行われます。

ほかにも漢方が効く場合もありますが、治療法は確立されていません。

たかがしゃっくりだと思いますが、そのまま放っておく命を落とす危険性もあります。

侮れないのです!

口内炎の治し方!即効性のある食べ物と飲み物~栄養素と裏技~

まとめ

  1. しゃっくりは3種類ある
  2. 2日以上続くしゃっくりは命に関わる病気の可能性が!
  3. しゃっくりが止まらなければ必ず病院へ!
  4. ペースメーカーを入れている人もしゃっくりが出たらすぐに病院へ

 

< スポンサーリンク >

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

他にも、健康に関する色々な病気の予防法や改善策、最新の医療情報などを配信していますので読んでいただけると嬉しいです。


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

Twitterで【REMEDY】をフォローしよう!

その他の健康・医療記事