指先やつま先が、ヒヤッとして温めてもなかなか温まらずしもやけなどの症状になる方もいますよね。

こういった末梢性の冷えは、ある部分にカイロを貼る事・筋トレ等で改善していくことが可能です。

今回はこの二点を中心に冷えを改善する方法をご紹介します。

< スポンサーリンク >

冷えを改善!!筋トレ方法

ウォーキング

筋肉の少ない人は冷え性が多いのですが、理由として筋肉は、脂肪を燃焼させ、熱をつくり暖かい血液を循環させる為です。

筋トレ方法

簡単にいえば、普段の生活で使っていない筋肉を鍛えてください。

例えば、普段はエレベーターを使っているけど、階段をつかう(足の筋トレになりますよね)こういった工夫だけでも改善がみられます。

手足を今すぐに!というのであれば、グーパー運動を何度も繰り返すと血流がよくなり一時的な改善は可能です。

又、ウォーキングは冷え性対策に最適です。

ウォーキング15分〜脂肪が燃焼していきますので、燃焼する=熱を作り血液を温める役割があるからです。

大きな筋肉を鍛える事でその効果が大きくなるので体幹トレーニング等もおススメ。

簡単な動画がありますのでご覧ください♪

カイロを使って冷え性を改善

カイロ

カイロを貼る部位は基本、血液を温める・血流を良くするのが目的(暖かい血液が全身に行きわたる事で冷えを改善)です。

  • 背中に貼る

肩甲骨の間には、内臓の神経が集まっていますので温めると胃腸の働きが向上し血流も良くなります。

  • 首に貼る

には太い血管が通っているので、温めてあげると血液が温まりやすく全身に暖かい血液が流れるからです。

  • 尾てい骨に貼る

尾てい骨(お尻の割れ目の上あたりの突起)付近には神経や血管が通っており、血流が良くなる事や血液が温まりやすく、特に下半身に暖かい血液を流してくれる役割があるからです。

  • 即効性ある箇所に貼る

内くるぶしから指3本上に貼る・・・内臓から暖めるのもいいけど、それだと『寒さはすぐ解消されないんだよ~』という、足の冷え・末端冷え性でお悩みの方にはオススメ。

内くるぶしから指3本分上のあたりに、靴下の上などから小さめのカイロを貼りましょう。

ふくらはぎに貼るのもいいです・・・でも『足先が冷えてる~』って人は、内くるぶしから少し上の位置が即効性あっていいかもです。

ですが、くれぐれも足だけ暖めないように。

冷え性改善の血流を良くする方法もあります。

⇒ 冷え性改善のためのお風呂正しい入浴方法とおすすめの漢方を紹介!

基本的には、内蔵を暖めて手足に血液が流れるようにしてくださいね。

あと寒いからといって靴下を二重で履かれる人がいますが、逆にしめつけてしまい血流を悪くし冷え性の原因になるので注意しましょう!

せっかくカイロ張ったのに血液がいきにくかったら意味ないですもんね。

『お腹を温めるのもおススメですよー』という動画もありますのでご覧ください♪

動画内では『カイロだと熱すぎます』と言っていますが、服の上から貼ってあげる等の工夫すれば程よい温かさになりますので一度やってみて下さい♪

まとめ

  1. 筋トレをすると熱が発生し、冷え性改善に繋がる
  2. カイロは首・背中・尾骶骨等に貼って上げると冷え性改善に繋がる
  3. カイロを冷えた箇所に直接貼っても良いが内蔵を温める意識を忘れない
  4. カイロが熱すぎると感じた場合は、服の上から貼る等工夫して貼る

 

< スポンサーリンク >

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

 

他にも、健康に関する色々な病気の予防法や改善策、最新の医療情報などを配信していますので読んでいただけると嬉しいです。

 


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

Twitterで【REMEDY】をフォローしよう!

その他の健康・医療記事