足のしびれ

みなさん暑い日には特に屋外で運動をしていなくても熱中症にかかる危険が十分ある、ということを知っていますか?

私は以前冷房のない車で炎天下長距離移動し、頭痛とともに手足の感覚が薄れた様なおかしな経験をしたことがあります。

調べたところ熱中症にはいくつかの症状があり、手足のしびれは「熱痙攣(ねつけいれん)」の前触れとされていると分かりました。

暑い日にもしも手足のしびれが出てきたら要注意です!

今回は熱中症が原因の手足のしびれについて

  • 熱中症でしびれが出る理由
  • 詳しい症状について
  • 対処法について
  • 病院は何科?

をまとめました。

身近な問題なので是非知っておきたいですね!

< スポンサーリンク >

なぜ熱中症でしびれが出るの?

手のしびれ

手足のしびれについては「熱痙攣」の一種とされていて、これは大量に汗をかいた時に水だけを補給し、発汗によって失われた塩分(ナトリウム)を補給しなかったために起こる症状です。

ナトリウムイオンは筋肉の収縮運動に関係する働きをするので、不足すると手や足、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こりやすくなります。

血液中の塩分濃度が低くなることは「低ナトリウム血症」といいます。

詳しい症状は?

吐き気

熱中症で熱痙攣になると手足の先にしびれを感じたり、筋肉がピクピクと強く収縮し、硬くなって緊張し、時には痛みも生じます。

また胃が痙攣したり、唇が震えたり、息が苦しくなる場合もあります。

全身性の痙攣とは異なり、ふくらはぎなど筋肉の一部に症状が現れ、つってしまう状態です。

通常発熱はなく、見た目には顔色が悪くなり、脈は速く弱く打つのが特徴です。

 

< スポンサーリンク >

 

対処法は?夏バテ

熱中症によるしびれや痙攣への対処法には次のようなものがあります。

ここでは軽度の熱中症によるしびれや痙攣としての対処法を紹介します。

  • 涼しい場所へ移動して衣服をゆるめる。
  • 応急処置として食べ物や飲み物から塩分の補給をする。

水分

スポーツドリンクや、生理食塩水(0.9%の食塩水)として1リットルの水に9gの食塩水を作って飲めば、軽度の場合、通常は回復に向かうはずです。

もしも重症の場合は静脈から点滴で水分と塩分を補給して治療する必要があるので、速やかにクリニックに行きます。

  • 痙攣を起こしている筋肉のストレッチやマッサージをする。

上記の処置で痛みや症状は治る場合が多いですが、意識がはっきりしないなど重症化が疑われた場合はただちに医療機関へ搬送するようにしましょう。

⇒ カフェイン摂り過ぎは脱水症状→熱中症の危険!主なカフェイン飲料とは?

病院は何科?

かかるクリニックは内科、意識が朦朧としているなど重症の場合は救急外来となります。

もしも自分で口から水分補給ができない場合や、歩けないほどふらついている、痙攣が治らない、意識が無いなどの時は救急車を呼びましょう。

病院

まとめ

  • 熱中症でしびれが出る理由は、発汗でナトリウムイオンが失わる為である。
  • 症状としては、手足、胃、唇などが部分的にしびれたり痙攣したりする。
  • 対処法として塩分を補給し、涼しいところで衣類を緩め、痙攣部分をストレッチすることなどがある。
  • 病院は内科、緊急時は救急外来へ。

ただのしびれから痙攣まで進むとちょっとびっくりしてしまいますが、軽症であれば塩分を取ると治るそうです。

これを知っていると違いますよね。

夏場は食欲もなくさっぱりしたものばかりで過ごしてしまいがちなので、今後は意識してスポーツドリンクなどを取り入れていきたいと思います!

 

< スポンサーリンク >

 

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

 

他にも、健康に関する色々な病気の予防法や身体に対する症状の改善策、最新の医療情報などを配信していますので合わせて読んでいただけると幸いです。

 


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

Twitterで【REMEDY】をフォローしよう!

その他の健康・医療記事