骨盤の歪み

骨盤のゆがみが身体のいたるところに障害をきたすって知っていましたか?

私は長らく肩こりがあって悩まされているのですが、その原因が骨盤のゆがみにあるかもしれないと知って俄然興味が湧きました!

骨盤のゆがみが引き起こす問題には、肩こりの他にも、腰痛や頭痛やO脚など様々とある様です。

自分の骨盤が今ゆがんでいるのかどうか知るために、簡単にチェックができたらいいですよね?

そこでここでは・・・

  • 骨盤のゆがみが体に及ぼす悪影響
  • 骨盤のゆがみを簡単にチェックする方法
  • 骨盤のゆがみを治す矯正方法

についてご紹介していきます。

< スポンサーリンク >

骨盤のゆがみが起こす悪影響

骨盤て外からは見えないけれど、体の土台として、あちこちに関わって影響を及ぼしていたんです。

骨盤は大腿骨と体を支える背骨の間にあり、上半身と下半身をつなぐ重要な役割をしていると同時に、子宮、膀胱、直腸などの臓器を守る役割も果たしています。
そのため骨盤と骨格、骨盤と臓器のバランスの崩れは、全身の不調につながってしまいます。

体の痛みや異常

関節の痛み

腰痛 や肩こり

これは骨盤のズレによって筋肉が引っ張られて緊張し血行不良となるために、筋肉内部に疲労物質や老廃物が溜まって起こります。

下半身太り

骨盤がゆがむとお腹周りや太ももに脂肪が付きやすくなるのは、内臓の代謝機能が落ちてしまい脂肪がつきやすくなるからです。

下半身骨

O脚、X脚 、猫背 、顎関節症

歪んだ骨盤を支えるために、体が無意識にバランスを整えようとして体の一部が負担を肩代わりしますが、本来想定していない負荷がかかるために故障や痛みにつながります。

その結果、不自然な立ち姿勢が続いてO脚やX脚などの原因になり、噛み合わせがずれたりすることにもつながります。

冷え性

骨盤のゆがみによって血行不良が起こると冷え性の原因となります。

便秘・下痢 、生理不順・不妊

骨盤がゆがむと内臓が圧迫される場合があります。

骨盤に近い腸が圧迫されると排便に影響を与えることもありますし、ゆがみが酷い場合は骨盤が開いて内臓が本来の位置より下に来ることもあります。

すると生殖器が圧迫されてホルモンの分泌が抑制されることもあります。

女性の場合、子宮が圧迫されて生理不順や不妊になる可能性もあります。

関連スクワットの健康効果~1日10分で便秘・冷え性・めまいなどの改善~

 

< スポンサーリンク >

自分で骨盤のゆがみを簡単にチェックする方法

セルフチェックする方法をいくつか紹介しますので、ぜひ一度やってみてください。

椅子に座って

  • まず背筋の伸ばして椅子に座り、両手は自然に下げている状態にしてください。
  • その状態で自分の両膝を見て、左右どちらの膝の頭が前に出ているかを確認します。

この時両膝が同じくらいの位置ならよいですが、どちらかの膝が前に出ている場合は骨盤がねじれている可能性が大きいです。

床に座って

参考動画を載せておきます↓↓

仰向けに寝た状態で

仰向けに寝た時、左右の足の開き方を見ます。

一般に、両足のカカトをピタリとつけて足を自然に任せて開いた時、床と足の角度が左右とも60度になっているのが理想と言われています。

しかし骨盤がゆがんでいると股関節の位置が左右で異なるため、左右の角度に差が出てしまうのです。

もし左右で足の開き方が違う場合は、骨盤がゆがんでいると言えます。

体操

目をつぶって

目をつぶって片足で10秒以上立てない場合は、骨盤がゆがんでいる可能性があります。

左右両方でチェックしてみてください。

ふらつく方向に骨盤がゆがんでいることが考えられます。

日常生活において

以下の項目が一つでも当てはまる場合は、骨盤がゆがんでいる可能性があります。

  • 片方の靴ばかりがすり減る
  • 座る時に脚を組まずに居られない
  • 何もないところでつまずいて転びやすい
  • 立つ時に壁によりかかったり片方の足に重心を置いたりしている
  • 歩いているとスカートが回ってしまう
  • O脚またはX脚である

 

< スポンサーリンク >

骨盤のゆがみを治す方法

ストレッチ

骨盤のゆがみを自分で解消するには根気がいることですが、自分の身体としっかり向き合っていくことも大切です。

自分でゆがみを矯正する方法としては、ストレッチやエクスサイズが最適ですのでいくつか紹介していきます。

お尻歩き

  1. 背筋を伸ばして床に座り、両脚をそろえて前に伸ばす。
  2. 腰をねじる様に腕を振りながら左右の脚を交互に前に出す。(この時お尻は床から浮かせない)
  3. 前に30歩進んで、その後後ろに30歩下がる。

骨盤ほぐしストレッチ

エクササイズ

  1. 仰向けの状態で、足の裏と裏を合わせて膝を開き、カエルのようなポーズをとる。(この時背中や足は床からなるべく浮かないよう意識する)
  2. そこから今度は膝を内側、足先を外側へ折り曲げてW字に折る。(なるべく床から足が浮かないよう意識して)
  3. 太ももの前辺りに痛みが出る場合は、ひじを使って少し上体を起こすと、W字のポーズがとりやすくなる。
    無理して筋を痛めないように、どちらも痛気持ち良いくらいの強さで行う。
  4. リラックスし、呼吸は止めずに30秒程キープ。

骨盤のゆがみを自力で矯正するストレッチの動画を参考にしてください↓↓

他にも骨盤矯正の方法として、専用の骨盤矯正ベルトや下着を装着する方法があります。

まとめ

  • 骨盤のゆがみが体に及ぼす悪影響は、腰痛、肩こり、下半身太り、O脚、X脚 、猫背 、顎関節症、冷え性、便秘・下痢 、生理不順・不妊 などがある。
  • 骨盤のゆがみを簡単にチェックするには、座った時の両膝の飛び出し具合の差を見たり、目をつぶって片足立ちができるかなどで確認することができる。
  • ゆがみを治す矯正方法には、お尻歩きや骨盤ほぐしストレッチなどがある。

エクササイズ以外にも日常生活の中で・・・

  • 椅子に座る時は骨盤を立てて座る(座ったまま万歳をして手だけ戻した状態)
  • 脚を組まない、荷物を片方ばかりで持たない
  • 長時間同じ姿勢で居ない

など気をつけられることがあります。

骨盤のゆがみによって肩こりだけでなくこんなにも沢山の影響があるんだと改めてびっくりしています。

体のバランスを保って痛みなく、スタイル良く快腸快適な生活を目指したいですね!

 

< スポンサーリンク >

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

 

他にも、健康に関する色々な病気の予防法や身体に対する症状の改善策、最新の医療情報などを配信していますので合わせて読んでいただけると幸いです。


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

Twitterで【REMEDY】をフォローしよう!

その他の健康・医療記事