睡眠

みなさんは寝ている間に呼吸が止まっていたことがありますか?

私はありませんが、母と主人は寝ている時に呼吸が止まることがあります。

母は痩せていて、主人は太っています。

どちらも共通点は、ストレス過多だということ。

ストレスがここまで関係しているとは知らず、これを知ってから私の中の危機感が一気に大きくなりました。

自分では気がつけないことだからこそ、より気をつけなければならない睡眠時無呼吸症候群。

今回は、閉塞性睡眠時無呼吸について解説します!

< スポンサーリンク >

睡眠時無呼吸症候群と緑内障

まず「 睡眠時無呼吸の時の状態」と「緑内障の原因」を比べてみてください。

睡眠時無呼吸の時の状態

  • 眼圧が下がる
  • 低酸素状態
  • 血の巡りが悪い

緑内障の原因

  • 眼圧が上がる
  • 血の巡りの悪さ

※しかし日本人の緑内障にかかる50%が正常眼圧。

これまで、この2つの関連性を証明する方法がありませんでした。

しかしその方法が開発され、この2つがどう関連しているのかが見えてきました。

通常、緑内障は「眼圧が上がる」ことで起こると言われています。

しかし先に記したように、その半数は眼圧が上がっていない「正常眼圧」で緑内障を発症しているのです。

そしてこの度、睡眠時無呼吸の状態にある時、「眼圧は下がる」ということが判りました。

この結果から、「正常眼圧」で緑内障を発症している場合は「眼圧が上がること以外のメカニズム」によるものだということが判ったのです。

要するに、睡眠時に無呼吸になることによって「低酸素状態」になり、それが緑内障に影響しているのではないかと考えられるということです。

眼圧上昇 → 平均網膜神経線維層厚が薄くなる → 眼圧の上昇による緑内障

正常眼圧 → 眼圧上昇以外の低酸素状態などが影響 → 平均網膜神経線維層厚が薄くなる → 正常眼圧の緑内障

⇒ 服部匡志眼科医の家族や経歴とベトナムでの医療…日本で受診できる病院は?

睡眠時無呼吸症候群の原因は「ストレス」が大きく関係

ストレス 看板

「ストレス」と聞くと悪い影響を与えるイメージばかりですが、良い影響を与えるストレスもあることをご存知の方も多いと思います。

それでも、やはりここでは悪い影響を与えています。(残念)

ストレスが強い場合、睡眠時にどのように影響しているのかというと・・・

ストレス → 疲れ※ → 酸素を必要とする → 口呼吸になる → いびき → 睡眠時の無呼吸

※疲れ → いつも以上に全身の筋肉が緩む → 舌が下がり気道を狭くする → 睡眠時の無呼吸

これを知ってふと気がついたことが、一番最初に記したように、睡眠時に無呼吸になる私の母と主人は強いストレスを受けているという共通点です。

ストレスは誰でもあるもの・・・と安易かつ単体で考えず、ストレスがあることに注目するのではなく、「ストレスによる影響はないか?」というところに注目して自分や家族を観るといいと思います!

 

< スポンサーリンク >

「いびき」も睡眠時無呼吸症候群になる原因の一つ

チンパンジー

上に記したように、「いびき」も睡眠時無呼吸症候群になる原因の一つです。

「いびき」は、空気が通る道が何らかの原因で狭くなることが主な原因と言われています。

そして、睡眠時の無呼吸も「いびき」と同じ原理で起きるのです。

この気道が狭くなる原因の一つに「口呼吸」があります。

この「口呼吸」、安易に考えるのは危険なのです。

「口呼吸」が招く症状として、「免疫力の低下」・「虫歯のリスク」・「歯周病のリスク」・「口臭の悪化」などがあるので、普段ひとりで寝る方でこのような症状が複数当てはまる場合は、睡眠時無呼吸症候群も疑うことをオススメします。

⇒ バセドウ病の症状と原因…芸能人もストレスで目が…でも治る病気

まとめ

睡眠時無呼吸症候群と緑内障の関連性は明確ではなく、どのように関連しているのかがやっと見えてきたところですが、血の巡りの悪さがどちらにも影響を及ぼしていることから、やはり関連していると考えられるでしょう。

そして、睡眠時無呼吸症候群の大きな原因として「ストレス」が挙げられますので、ストレスによりどのような影響が出ているのかに注目して、自分や家族を見ていくといいでしょう!

 

< スポンサーリンク >

 

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

 

他にも、健康に関する色々な病気の予防法や身体に対する症状の改善策、最新の医療情報などを配信していますので合わせて読んでいただけると幸いです。

 


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

Twitterで【REMEDY】をフォローしよう!

その他の健康・医療記事